日光の温かさを活用した伝統的な住まいの暖の取り方

冷え込みが厳しくなる時期には不動産物件の関係により、冷え込みが和らいだり厳しくなることもあります。
最新式の暖房は現代の最新マンションや住宅には最高の完備となっていますが、伝統的な暖の取り方を取り入れるのも乙なものです。
伝統的といえば日光の利用であり、冬場は日差しが弱くなるシーズンを迎えるものの、風邪を遮り日当たりが良い状態ならば、お金をかけなくても程よい暖かさを感じることができます。
建設的には晴れだけではなく雨の日や曇りの日もあるので、温かさへの日光を使った工夫を知らしての建設も昔から使われてきた技術です。
温水器に熱を蓄えることでお湯にして利用をしたり、南川や南東側の開口部を大きくしたり、家を南斜面に家を建設をすることもできます。
ドラム缶に水を満タンにして並べて、ドラム間の水を蓄熱体として活用する国もあるくらいです。
レンガを使い分厚いレンガを南側に作ることも、日光を使った暖かさを活用する建築の工夫になります。