不動産は買うべきか借りるべきか

住まいを得るというのは人生においてかなり重要な要素になるでしょう。
しかし、確保する方法として買うばかりではなく、借りることを選択している人も多いです。
実際、購入することができるお金があるとしても借りている人は多いです。
借りることにはメリットが多いからです。
まず、その建物に対する責任がない、ということです。
自分のものではないのですから維持費がかかるわけでもなく、そうした意味では気楽なわけです。
住まいとはどこまでいっても、要するにそこで寝泊りする場所となります。
生活の拠点、基盤といえる場所なわけですが勤めているところが遠くになればそこは今まではよくてもこれからはよくなくなります。
購入してしまうとそうした事態に対処できなくなります。
しかし、借りているのであればそんなことはなく、いつでも転居できます。
いくらか必ずこの年数は借りること、という条件で借りることもありますが基本的には転居は自由なのです。